新年のご挨拶

 新たな年を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

 はじめに、昨年は、日本全国の多くのお客さまに当事務所のサービスをご利用いただきましたこと、改めまして御礼を申し上げます。

 IT技術、とりわけ人工知能(AI)が世の中の仕組みを大きく変える、そのような思いを持つ弁理士の山下隆志が2017年12月に当事務所を設立致しました。開業直後はぼんやりとしていたこの予想は、昨年1年の当事務所の実績を以って確信へと変わりました。我々は今、第4次産業革命の真っ只中にいて、これから弁理士の在り方が大きく変わっていくと断言できます。

 これまで特許権の年金納付や商標権の更新手続きは、弁護士や弁理士等の専門家に委託することが特許業界の常識であり、そしてその委託料は決して安価なものではありませんでした。

 しかし、この常識は、もはや過去のものとなったのです。

 当事務所のシステムを使えば、わずか数分で特許庁への納付手続きを完了することができ、しかも従来の半分以下の費用で手続き可能となっております。

 当事務所が開発したシステムは、事務処理の90%以上がプログラミングとAIによって自動化されているので、従来よりもミスを格段に減らすことができ、しかも、従来よりも圧倒的な効率で各案件を処理することができます。作業のほとんどが自動化されていることから人件費を極限まで減らすことができておりますので、手数料も従来の常識を大幅に減額できております。

 これからは当事務所のシステムを利用して特許庁に年金納付や更新手続きをすることが特許業界の常識に代わっていくでしょう。

 昨年は、2018年7月に国から補助金を支援頂ける事業に指定頂いたこともあり、日本全国規模で積極的に営業活動致しました。おかげさまで開業からわずか1年で日本全国1300社を超えるお客様からご依頼を頂戴できました。

 本年も昨年の勢いを減退させることなく、全国の権利者様に対して積極的な営業活動を続けて参ります。今年の当事務所の目標は下記の通りです。

・2019年3月末までに当事務所を法人化致します。

・2019年4月から台湾提携特許法律事務所と共同で、当事務所のシステムを中国及び台湾で展開致します。

・2019年8月には、国内商標出願のシステムを開発し、全国規模で営業活動を進めて参ります。

2019年8月からクリエイティブ事業家として都道府県の補助金獲得のために当事務所をアピール致します。

・2019年12月末までに国内3000社で当事務所のシステムが導入されることを目指します。

 本年も1件1件お客様の期待を超えた価値を提供できるよう、所員一同が一丸となって一層のサービス拡充に努めて参ります。これまでの皆様のご支援に感謝するとともに引き続き当事務所のサービスをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 末筆になりますが、皆さまにとりまして2019年も素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

事務所情報                サービス一覧  

 経営理念        トップメッセージ          特許出願      年金管理

 事務所概要・沿革    サービス料金表           実用新案登録出願  商標権更新

 アクセス・会社地図   プライバシーポリシー        意匠登録出願    外国年金手続

 利用規約        特定商取引法に関する表示      商標登録出願    権利の期限管理

 採用情報        お問合せ              よくあるご質問             

​ 

弁理士事務所 日本知財納付サービス

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト19階   TEL:0120-924-494   FAX:06-6537-1974 

Copyright © 2017,2018,2019 Japan Intellectual Property Payment Service  All Rights Reserved.