top of page

Frequently Asked Questions / FAQ

This is a collection of frequently asked inquiries regarding this service.

We would appreciate it if you could check this content before making an inquiry.

Fees are cheaper than patent offices. why?

At the patent office, after receiving a request from the customer, the documents are manually prepared and processed by the Japan Patent Office. After that, the clerk issues an invoice to confirm the payment.

On the other hand, in this service, documents are automatically created by a computer program and the procedure is done online at the Japan Patent Office. The program also issues invoices and confirms payments. For this reason, labor costs can be reduced compared to patent offices.

  • 特許を取る費用(50万円~80万円)の内訳が知りたい。
    特許出願の書面作成に約15万円、特許庁の出願手数料が14,000円 特許出願の審査請求に約15~20万円 特許庁からの拒絶理由通知対応に約10~20万円 (ストレートで特許になるのは1割くらいで、9割の特許出願は拒絶される。子の拒絶にうまく対応することで登録になる。ざっくりと登録になる確率と拒絶になる確率は50:50くらい) 特許庁への権利の登録費用に約3万円
  • どういう発明が特許になりやすい?逆にどういう発明が特許にならない?
    誰も思いつきそうもない斬新な発明は特許になりやすいです。 逆に、誰でも思いつきそうなありふれたものは特許になりにくいです。
  • 特許出願しようかどうか迷っているので、特許出願した方がいいかどうかアドバイスしてほしい。
    そのアイデアで得られる利益額が5年で100万円を超えるなら特許出願してもいいと思いますが、それ以下の利益しか見込めないなら特許出願はもったいないです。 その場合は、実用新案登録出願をお勧めします。実用新案登録出願なら約10万円でほぼ確実に登録できます。
  • 特許権は出願したらすぐに取れるの? 特許権を取るにはいくらかかるの?
    特許出願してから1年~3年くらいで特許権を取れます。 特許権を取るには、ざっくり50万~80万円くらいかかります。 特許出願がなされた後に、特許庁で、様式のチェック(方式審査)と、特許審査官による審査(実体審査)が行われます。この審査に約1年くらいかかります。 そして、審査を通過したもの(登録できない理由がなかったもの)のみが特許査定を受けることができます。
  • そもそも特許ってなに? 特許権を取るメリットは?
    「発明」をしたときに、その「発明」の内容を特許庁に届け出ることで、特許出願から20年間、技術的思想の創作である「発明」を保護してもらえます。 権利の対象となる「発明」の実施(生産、使用、販売など)を独占でき、権利侵害者に対して差し止めや損害賠償を請求できます。

Can I get a certificate etc. after payment?

Yes. you can get.

A pension receipt will be sent from the JPO within 3-4 weeks after the procedure is completed.

Do I need to contact the previous patent office if I request the Japanese IP Payment Service?

I think it's a good idea to tell the patent office that you're outsourcing to a pension management office.

It is common sense in the industry that pension management offices are cheaper to manage than patent offices, and there is no patent attorney who does not know the pension management office.

In some cases, the patent office outsources to the pension management office. In this case, the right holder is required to bear the double fee of the pension management office and the patent office.

  • 特許を取る費用(50万円~80万円)の内訳が知りたい。
    特許出願の書面作成に約15万円、特許庁の出願手数料が14,000円 特許出願の審査請求に約15~20万円 特許庁からの拒絶理由通知対応に約10~20万円 (ストレートで特許になるのは1割くらいで、9割の特許出願は拒絶される。子の拒絶にうまく対応することで登録になる。ざっくりと登録になる確率と拒絶になる確率は50:50くらい) 特許庁への権利の登録費用に約3万円
  • どういう発明が特許になりやすい?逆にどういう発明が特許にならない?
    誰も思いつきそうもない斬新な発明は特許になりやすいです。 逆に、誰でも思いつきそうなありふれたものは特許になりにくいです。
  • 特許出願しようかどうか迷っているので、特許出願した方がいいかどうかアドバイスしてほしい。
    そのアイデアで得られる利益額が5年で100万円を超えるなら特許出願してもいいと思いますが、それ以下の利益しか見込めないなら特許出願はもったいないです。 その場合は、実用新案登録出願をお勧めします。実用新案登録出願なら約10万円でほぼ確実に登録できます。
  • 特許権は出願したらすぐに取れるの? 特許権を取るにはいくらかかるの?
    特許出願してから1年~3年くらいで特許権を取れます。 特許権を取るには、ざっくり50万~80万円くらいかかります。 特許出願がなされた後に、特許庁で、様式のチェック(方式審査)と、特許審査官による審査(実体審査)が行われます。この審査に約1年くらいかかります。 そして、審査を通過したもの(登録できない理由がなかったもの)のみが特許査定を受けることができます。
  • そもそも特許ってなに? 特許権を取るメリットは?
    「発明」をしたときに、その「発明」の内容を特許庁に届け出ることで、特許出願から20年間、技術的思想の創作である「発明」を保護してもらえます。 権利の対象となる「発明」の実施(生産、使用、販売など)を独占でき、権利侵害者に対して差し止めや損害賠償を請求できます。
bottom of page